社員の声

モバイルシステム事業部

2018年4月入社

未経験でも、知識がなくても、とにかく好奇心を持って
この世界に飛び込んできてくれたらと思います。

入社の決め手になったポイント、理由を教えてください。

“金太郎飴”の話に共感できたことが最大の決め手でした。

会社説明会の時に社長が使った“金太郎飴のように同じような人ばかりが集まった会社は面白くない”という言葉に大きな衝撃を受けました。この言葉は、スペース・ソルバは“個”を大切にし、一人一人の強みを伸ばしていこうとする会社方針を表したものです。私はこれから長く働いていく上で、手に職をつけたいと思い、IT業界の職業を選びました。それと同時に、何か突出したスキルを持った、“これならあの人しかいない”と言われるような技術者になりたいとも考えていたため、この金太郎飴の話が深く突き刺さりました。ここなら自分らしく働いていけると確信し、スペース・ソルバに就職を決めました。

それ以外にも、会社説明会での採用担当者の対応がとても丁寧だったり、社内の清潔な雰囲気がよかったりと、いろいろな面でスペース・ソルバが自分に合っていると感じたのも入社の決め手として大きかったです。

仕事の中で嬉しかったことはありますか。

お客様からの“ありがとう”に勝るものはありません。

ソフトウェアのテストに使用する機器のメンテナンスを担当していた時に、これまでの方法では動作しないことがありましたが、インターネットで調べたり、知見のある方々と連携しながら試行錯誤したりすることにより、その難局を乗り越えることができました。これら一連の流れをマニュアル化することでその後の業務でも活用することができ、お客様やプロジェクトメンバからも感謝され、私自身も大きな達成感と自信を得た仕事となりました。

仕事の中で苦労したことはありますか。

初めてのことは苦労しますが、成長も感じられます 。

初めてプロジェクト発足時から参画した際、要件定義のまとめを任されたときには、私に務まるのかと不安で胸がいっぱいになりました。仕事の全体感が見えなかったうえに、お客様と要件を固めることも初めてだったため、業界用語や専門用語の理解あるいはお客様とのスケジュール調整という面でとても苦労しました。私が作成した資料を基にしてその後のプロジェクトが円滑に進んだことは自信に繋がりましたし、苦労した分たくさん成長もできました。

今後の課題や目標はありますか。

いつかはゲームなどを作ってみたいな、と思っています。

コーディングのお作法を学び、簡単なシステムが正常に動作してくれるような正確さと知識をしっかりと身に付けていきたいです。5年後くらいには、業務で得た知見を活かし、趣味の世界で小さなシステムやゲームを作れるくらいの実力をつけたいです。

仕事で大切にしていることはありますか。

とにかく周りを見ることです。

仕事に集中すると自分の世界に閉じこもってしまいがちなため、意識的に周りを見て、困っている人がいたら一緒に問題解決できるようにしています。周りの人が気持ちよく仕事できるよう心がけることで、結果的に私の環境もよくなることに気が付き、以前よりも人を思いやる気持ちができました。チームで仕事をすることは、大変なこともたくさんありますが、いろんな知識を持ち寄って、問題を解決できるととても達成感がありますね。

あとは、作業が煮詰まって叫びたくなる!というときもあるのですが、そんなときは外の空気を吸いに行くなどして、一呼吸置くことを意識しています。

ある日のスケジュール

9:00 出社

午前の業務

メールチェック

前日の残課題確認

9:30 チームミーティング(朝会)

優先度高の業務対応

12:00 お昼

お手製のお弁当でランチ

午後の業務

13:00 お客様との打ち合わせ

15:00 資料作成

17:30 チームミーティング(夕会)

18:00 課題整理/翌日のスケジュール計画

18:30 退社

休日の過ごし方を教えてください。

読書と演劇鑑賞 でリフレッシュしています。

家で読書をしたり、演劇を観に行ったりしてリラックスして過ごすことが多いです。最近、彫刻に興味を持つようになり新しい趣味にしようと思っているのですが、まだ行動に移せていないです(笑)

また、腹筋と背筋の筋トレも毎日30分~1時間しています。筋トレは習慣になっており、平日でも時間をとるようにしています。

スペース・ソルバで働く魅力は何ですか。

ずばり“人”ですね。

自由の中にも“自分”を持っていて芯のある人が多いです。他人の意見にもしっかり耳を傾け、そして自分の意見も発信する姿は、とても尊敬できます。年齢や社歴関係なく、一人一人の中身を見てくれているところもスペース・ソルバの魅力です。

また、月に一度の全社会議や半年に一度開催される社内イベントなど、普段仕事で直接的な関わりが少ない社員とも交流を持てる場が定期的にあることが嬉しいです。仕事から趣味まで他愛もない話をしたり、一緒にゲームに参加したりするのが本当に楽しくて、いつも楽しみにしています。

入社したときと現在の自分を比べて違う点を教えてください。

“人”頼みが、“自分”頼みになりました。

“誰かに聞けば何とかなる”と学生時代までは思っていました。しかし、いざ入社し研修を経てプロジェクトに参画するようになると、いつも人に聞いてばかりいるわけにもいかず、質問するためにも情報収集が必要ということに気付きました、そのため、まずは自分で調査したうえで、それでもわからなければ質問するという風に考えも行動も変化しました。

入社して驚いたことや印象に残っていることはありますか。

親身になってアドバイスをしてくれる社員の存在です。

メールで発信する作業報告で何となく書いた悩みに、親身になってアドバイスをしてくれる人が本当に多かったことに驚きました。また、開発言語の作法で理解できない部分があることを書いたときには、人やものを例にしたサンプルコードで説明を送ってくれる人がいて、それにはとても感動しました。

スペース・ソルバはどんな人を求めていると思いますか。

自分の意見を持っている人だと思います。

指示待ちや受け身の姿勢ではなく、自分の考えを持って意見できる人を求めているのではないかと思います。先輩やベテランの方とでも遠慮することなく意見をぶつけられるのはソルバの良さだと感じます。特に日頃から自己研鑽に努めており、互いに刺激し合いながら切磋琢磨できる人と一緒に働きたいです。

学生の皆さんに向けて

とにかく好奇心を持って、この世界に飛び込んできてくれたらと思います。

私が入社時に未経験者だったこともあるかもしれませんが、仕事は実際の業務の中で知識や技術を身に付けていくことがほとんどです。好奇心があって、今までいろんな知識を自分で吸収してきた人なら、この世界に入ってもきっと楽しんで働けます。一緒にモノづくりの面白さ、奥深さを見つけていきましょう。